プロ

ゴルフでホールインワンをだすにはどのくらいの努力が必要ですか?

ゴルフであこがれのプレーといったら、やはりホールインワンではないでしょうか。
ゴルフをやっていたら一度は体験して見たいともうプレーの一つです。
しかしそんな簡単にできるものではありません。

一般人のプレーヤーでは、一生プレーしていてもできない人のほうが圧倒的に多いといえます。
数100メートル以上先の、たった数センチの大きさの穴をめがけて一打で入れなくてはいけません。
なのでそんな簡単にできないということは、すぐわかるかと思います。

どれだけホールインワンができるのかという確率が計算されています。
その結果をみるといかに難しいかということが分かります。
例えば中級者、上級者、アマチュアの選手では、1/8000から1/14000の確率でホールインワンが起こる可能性があるといわれています。

初心者も含んだ平均的な確率でいうと、1/33000といわれています。
一生かけても3万ホール近くのプレーをしたとしても1回起きるか起きないかの確率ということになります。
それだけ確率の低いものなので、日本のツアーだけは、ホールインワンをした場合には賞金が設定されています。
ホールインワンは一生に一度あるかないかのプレイでもありますが、世界中ではいろんな記録が残されています。

世界で一番ホールインワンを多く記録した人は、カリフォルニア州出身でノーマン・マンリーで59回も経験しています。
これだけの回数が一生のうちに体験できるのは、一般自ではありえない数字だといえます。
またホールインワンの最長記録は、2002年に達成した517ヤードです。

そのホールはパー5で回るところをホールインワンしてしまうという神業的なプレイだといえます。
また最年少記録は、マット・ドレイパーが記録した5歳と212日だといわれています。
最少年齢でもとても驚きですが、最高齢は102歳のエルシー・マクレーンが記録しています。

102歳でもゴルフのプレーができることだけでも驚きですが、それに加えホールインワンまでできることが驚きです。
このようにホールインワンのいろんな記録を知ると、もしかしたら一生に一度できることかもしれないという希望が持てる人もいるのではないでしょうか。
日本ではホールインワンを行った場合、実はいろんな出費がかかってしまいます。

今ではホールインワン保険というものに加入する人もいるほどです。
ホールインワンを行った選手は、お祝いの祝賀会や記念品を作るなどの費用がかかります。
またプレイしたゴルフ場に気年中を植えたり、キャディーに祝儀を渡すこともあります。

なのでただ喜びに浸れるというわけではありません。
最低でも10万以上多い人で100万近くの費用がかかってしまう場合もあります。
ホールインワンはうれしい半面、余計な出費が加わってしまうということも知っておきましょう。

このページの先頭へ